きょこ☆ぶろぐ

kyocoのhappy日記

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ママからのメールを読んでいて気になった。

それはいつのまにか、彼女の一人称が「ワテ」から「ワシ」になっていたこと。
「加齢に伴い変えてみたの?」
と質問したら、ぷんぷん怒られたのでネットで調べてみた。

「ワテ」は女の人の一人称で「ワシ」は男子らしい。
わかって使っているのかどうか、怖くて確認できない。



一人称って意外に種類豊富だと思うんだけど。
「アタチ」とか「アタイ」とかはやっぱりかわいらしさをアピールしてるんでしょか。でも、結構人を選ぶ一人称のような気もする。

「自分」と頑なに使う男子はなぜか、「自分不器用だけど誠実なヤツです」っていうアピールを感じることが多い。

そういえば自分を「オレ様」と呼んでる子がいたけど、結構彼女に似合っていて、お気に入りだった。

私もしばらく「オイラ」とか使ってみよっかな?
眞鍋かをりのマネです。





そんでふと気になったからついでに二人称についても考えてみた。

例えば友達と二人っきりで話すとき、二人称はほとんど使わない気がする。
大抵は「ねえ」とかで事足りるけど、必要な時も「あなた」とか「アンタ」とか「君」とかはほとんど言わない。
相手の名前を呼ぶ事が多い気がするんだけど、どうでしょ。

でも一定の年齢以上(多分60歳以上?)の人は、割と二人称を使う傾向がある気がした。例えば会社の人とか先生とか。

あと、恋愛関係では、割と二人称が広く使われている気がする。
往々にして「オマエ」はあんまり美しくない表現なのに、カップル間の「オマエ」は割とアリのようだ。
以前、メールで私を「貴方」「貴女」と書いた人がいた。結構ふしぎだ。変換ミス?美しい日本語?


ちなみにウチのパパは私が幼稚園の頃から頑なに「キミ」を使っていた。そして私が友達と一緒にいるときはひっくるめて「キミタチ」。
このあいだ気づいたんだけど、照男 も「キミ」と呼ばれていた・・・。


そこにいくと英語は圧倒的にYOUだよね。
多分他の言語も大抵二人称万歳な気がする。



「おみゃー」とか「あだ」とかみたいな方言二人称って他の言語でも存在してるんだろうか。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。